マンションを購入した時に税務署に申告すれば利用できる減税制度とは?

シェアする

SNSフォローボタン

マンションなどマイホームを購入する時にある一定の要件を満たしていることで税金が軽減される制度を利用できる事があります。
例えば購入する時に住宅ローンを利用した場合や、環境のためを考えた優良住宅などを建築した場合など、ケースに応じて利用できる制度があります。
ただし、制度を利用するには税務署に申告をする必要がありますので、その点は忘れない様にしておきましょう。

マンションなどの購入で利用できる減税制度とは?

マンションなどマイホームを購入する際に要件を満たした契約で住宅ローンを利用した時や、定められた基準で長期優良住宅や低炭素住宅を購入した場合、還付制度を利用できます。
この2つは、「住宅ローン控除」と「認定住宅新築等特別税額控除」という減税制度なので、どのような内容か確認しておきましょう。

住宅ローン控除とはどのような制度?

一戸建てやマンションを購入する場合に一定条件の上で契約したローンを利用した場合、また、バリアフリーや省エネ用にリフォームする目的でローンを利用した場合に、年末のローン残高の1%の所得税が10年間に渡り還付される制度です。
所得税額から差し引ききれなかった分に関しては、差額の一定金額までは翌年の住民税から差し引かるので損がありません。

・サラリーマンでも確定申告が必要
サラリーマンなど給与所得は、通常、勤務先で年末調整を受けていると思います。
ただし、住宅ローン控除を利用する場合は、初年度のみ税務署に確定申告を行う必要があるので注意しましょう。
なお、給与所得者の場合、確定申告が必要なのは最初だけで、次年度以降は勤務先の年末調整で対応する事が出来ます。

・2年目以降は年末調整で対応可
初年度に住宅ローン控除について確定申告を行っておけば、その年の10月下旬以降になると税務署から「住宅借入金等控除証明書」が残りの9年分送付されます。
勤務先で年末調整が行われるタイミングで、毎年その年分の住宅借入金等控除証明書と、金融機関から取得した住宅ローンの残高証明書を提出するようにしましょう。

認定住宅新築等特別税額控除とは?

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいて認定された認定長期優良住宅、または「都市の低炭素化の普及の促進に関する法律」による認定低炭素住宅を、新築、または購入した場合、認定費用の10%相当額が所得税から還付される制度です。
住宅ローンを利用していなくても適用できる制度ですので、知っておくと良いでしょう。

他にも制度が適用されるなら確定申告を忘れずに!

また、マイホームを購入する時に、親や祖父母から購入資金を支援してもらうという場合もあるでしょう。
このような親や祖父母など、直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合に適用できる非課税措置や、相続時精算課税の特例などが利用できることもありますが、いずれの制度を利用する場合も確定申告が必要ですので忘れない様にしましょう。
なお、葛飾区でマンションを購入することを検討していて、減税制度など適用になるのか気になることがあれば、一度、東金町にある弊社に相談ください。
直接、丁寧にアドバイスや情報をお伝えすることが出来ますので、より明確にイメージすることが出来るはずです。

シェアする