中古マンションを購入するときにかかる税金にはどのような種類がある?

シェアする

SNSフォローボタン

金町周辺でも中古マンションを購入したいと考えている人は少なくないでしょう。

金町周辺だけでなく、葛飾区内に幅を広げると自分が希望する中古マンションに巡り合える確率は高まるでしょうが、いざ欲しいと思っても必要な資金準備ができていなければ購入できません。

中古マンションを購入するときには、物件価格だけでなく、諸費用も支払う必要がありますので資金の準備が必要です。

特に諸費用でも中古マンションを購入する上でかかる税金については、どのような種類のものがあるのか理解しておくようにしましょう。

中古マンション購入にかかる諸費用の目安

中古マンションを購入する場合、仲介手数料や登記にかかる費用、そして税金などを支払わなければなりません。目安としては物件価格の7~10%と考えておきましょう。

なお、購入時にかかる税金として、

・印紙税
・登録免許税
・消費税
・不動産取得税

が挙げられます。

印紙税

契約書などに貼って納税する税金です。中古マンションを購入する場合、売買契約書、住宅ローンの金銭消費貸借契約書に必要です。

印紙税額は契約書に記載される金額によって異なりますが、売買契約書に貼る印紙税は、不動産譲渡に関する契約書で記載金額が10万円を超えるものであれば軽減措置の対象です。

たとえば1千万円超え5千万円以下の契約金額なら本則税率2万円から軽減税率1万円へと軽減されます。5千万円を超え1億円以下なら6万円から3万円になります。

なお、平成32年3月31日までの間に作成される文書が対象です。

登録免許税

中古マンションを購入した後の登記で必要な税金です。土地も建物も固定資産税評価額の2%分を登録免許税として納めることになります。

ただし、こちらも税率の軽減措置が適用されるので、平成31年3月31日までなら土地の税率は1.5%に軽減されます。

建物についても、中古マンションなどは築25年以内であることなど一定要件を満たすことで、0.3%に軽減されます。

また、住宅ローンを利用して中古マンションを購入する場合は、融資金額の0.1%が抵当権設定にかかる登録免許税として必要です。

消費税

個人の売主から中古マションを購入するときには消費税は掛かりません。ただし不動産業者に対する仲介手数料には消費税が掛かります。

不動産取得税

中古マンションを購入して約半年後に納付の通知が届く税金です。土地と建物、どちらも原則、固定資産税評価額の4%の不動産取得税が掛かります。

ただし、平成33年3月31日までは特例で標準税率が3%へと引き下げになっています。

さらに土地は、宅地の課税標準が2分の1になる特例が設けられています。(平成33年3月31日まで適用)。そこからさらに、4万5,000円、または「(土地1㎡あたりの固定資産税評価額×1/2)×(床面積×2(200㎡が限度))×3%」のいずれか大きい金額を差し引くことが可能です。

建物も一定要件を満たせば、築年数に応じた控除額を差し引いた後で3%をかけることができます。

どのような費用が掛かるか心配なら

このように中古マンションを購入するときにはいろいろな税金が発生しますが、軽減措置などが適用されれば税金の金額を抑えることができます。葛飾区でマンションを購入したいけれどどのくらいの税金や諸費用が掛かるか気になるなど、心配なことがあるなら一度金町の弊社まで気軽にご相談ください!

シェアする