マンション購入時の契約のタイミングで注意しておきたいこととは?

シェアする

SNSフォローボタン

マイホームを購入することを決め、一戸建てではなくマンションを選んで契約という段階になった時には様々な手続きが必要になります。

葛飾区にもいろいろな層に合ったマンションが多く存在しますが、どのマンションでも契約を行う時には手付金を支払うことが一般的です。また、契約を結ぶ時には契約書の内容にも注意しておく必要があります。

そのため、手付金はどのように準備すればよいのか、また、注意しておきたい契約内容について確認しておきましょう。

頭金と手付金は分けて考えたほうがよい

契約時に支払う手付金とは売主に支払うお金です。手付金は一般的に現金で準備する必要があるので、金町で契約を行う時には最寄りの金融機関に行って預金から引くなど、手元に用意しておくことが必要になります。

また、マンション物件を購入する以外にも諸費用が必要になりますが、こちらも現金で準備することが一般的なので、頭金とは分けて手付金として構えておくようにしましょう。

手付金はどのくらい必要?

手付金は売買代金の1割程度を目安に準備いておくと良いですが、必ずこの割合が必要というわけではありません。

物件価格全て住宅ローンを利用するという場合や、できるだけ蓄えた現金を使いたくないという場合もあるでしょう。

手付金の金額は、売主と買主の当事同士で了承できる金額なら良いので、絶対にこのくらい必要という決まりはありません。ただし、あまりに金額が少ないと契約自体の拘束力に影響することになるので、ある程度は準備しておくと安心です。

契約書の内容で特に注意したい解除に関する事項

手付金だけでなく、契約を結ぶ時には契約書の内容にも注意しておく必要があります。特に契約解除に関する事項については、重要事項説明書にも重複して記載される内容なのでかなり大切です。

契約内容は物件によって違いはありますが、特に注意しておきたい解除に関する事項は次のような内容です。

□手付解除

買主も売主も、契約を締結した後でキャンセルしたいという場合にはペナルティが生じます。買主からキャンセルする場合には支払った手付金は返還されませんし、売主からキャンセルするなら手付金に合わせて同額を違約金として買主に支払うことになります。

□危険負担

手付金を支払って所有権が移転されるまでの間に、台風、洪水、地震といった自然災害で状況が変化した場合に適用されます。

建物が倒壊すれば当然住むことができなくなるため、契約は白紙解約となり売主から手付金が返還されます。

倒壊しなかったけれど建物に破損が見られる場合は、売主が破損部分を修復することになります。破損部分の修復費用の金額が大きくなる場合や、修復しても買主の目的が達成できない時は白紙解約となることが一般的です。

□ローン特約

買主がマンションを購入する時、住宅ローンを利用するなら組み込まれる条文です。

仮に住宅ローンの審査で金融機関が融資はできないと判断した場合、一定期日までなら契約を白紙解約でき、さらに支払った手付金は返還されるという特約です。

ただし期日内で有効な特約なので、ローンの書類を提出し忘れて手続きが遅れてしまうと、期日までにローンの審査結果が確認できなくなる可能性がありますので注意してください。

うっかりミスは手続きの妨げになる!

マンションを購入する時にはいろいろな書類を準備したり、手続きを行う時間が必要になったりと慌ただしくなりがちです。しかし書類の提出を忘れていたことが原因でスムーズに契約まで進まなくなる可能性もありますので、順を追って確実に手続きを進めて行くようにしましょう。

シェアする