【家】離婚をする時に決めること

シェアする

SNSフォローボタン

離婚する上で決めなければいけないことはたくさんありますね。
慰謝料、年金分割、名字の変更、子供がいる場合は面会交流などの取り決めはとても大切なことです。
当然住宅ローンなどを組んで持ち家がある場合はその財産分与においても話し合いをしなければいけません。
どのように話をしていけばいいのでしょうか。
一緒に確認していきましょう。

◆財産分与とは

離婚してから相手(妻)に財産上の給付をすることを財産分与と言います。
()内は夫となる場合もあります。
例えば結婚している間のお給料や夫名義の預金、又は持ち家から土地までありとあらゆるお金や物の何割かを請求することが出来ます。
もちろん、夫が働きに出ている間に家庭を守っていた専業主婦にもこの財産分与の請求権は与えられています。
ただし、これには期間があり離婚後2年間で時効が成立してしまうため相手から時効だ!と主張されてしまうと請求できなくなります。
もっとも、運よく相手にこの知識がない場合は請求できる可能性はありますので2年を過ぎてしまった場合はダメ元で言ってみるのもアリでしょう。

◆財産分与の方法とは

現金は一番わかりやすくていいですが、今回の案件のように家や土地をどうするのかという疑問が出てきてしまいます。
家や土地というのは半分に割るわけにはいきません。
手段があるとするならば、売ってお金に換金するか、どちらかが住むかという話になってきてしまいます。
例えば、夫名義ではあるが、妻に住まわせてローンは夫が払うというような流れが一般的です。
しかし、これにはいろいろと落とし穴があるので可能であれば売って換金してスッキリさせることが得策でしょう。

◆不動産の財産分与で意外な落とし穴

トラブルに対する事ですが一つは、夫名義のままである為、いくら妻が住んでいても所有権はローンを組んでいる夫にあります。(ローンを組んでいる間は銀行さんですね)
ですから、万が一完済した際には夫が家を勝手に売れるという事態も起こりうるのです。
またはその逆で仮に妻に名義変更した場合だと今度は家賃を払わないという事をしてくる可能性があります。
どちらの案件も信用問題なので相手を信じるしかないのですが、離婚するのですから果たして相手を信じられるほどの気持ちが残っているかは疑問に思いますね。
このように、財産分与と言っても一言では片づけられません。
不動産屋さんに相談して少しでも高値で売ってもらうのが後腐れなくていいかもしれませんね。

シェアする