「 相続 」一覧

相続した不動産を売却する時には所得税や住民税がかかる?

実家を相続した場合、その後、自分で住むことや賃貸などに活用する予定がなければ、建物の維持管理にかかる費用や固定資産税などの負担をなくすために売却することも検討するこ...

相続には種類がある!単純承認と限定承認は何が違う?

親が亡くなった場合など、財産を相続することになりますが、そのまま財産を全て相続するのなら特に問題ないはずです。 しかし、親に借金などがあり、財産の相続を拒...

実家を相続しても3年以内に売却すれば譲渡所得を抑えることが可能?

親が亡くなって住んでいた土地や建物を相続財産として取得したけれど、自分は別で家を建てているので使い道がないことから売却する場合、譲渡所得として所得税が課税されること...

2,500万円を限度に贈与税が掛からない「相続時精算課税」とは?

60歳以上の父母や祖父母から、20歳以上の子や孫に対して、財産を贈与した場合に選ぶことが出来る贈与税の制度に「相続時精算課税」があります。 2,500万円を限度...

離婚時の財産分与において不動産は評価額を出すことが必要

夫婦が離婚という選択を行った場合、これまで夫婦で協力して築き上げた財産は、それまでの貢献度に考慮した上で平等に分ける必要があります。 これを「財産分与」といいま...

財産分与で不動産の名義を変更する所有権移転登記の注意点

財産分与とは離婚する際に、結婚生活で夫婦が協力して築いた財産を清算して双方に分けることです。 離婚する場合には、子の親権や養育費、慰謝料などを取り決める必要があ...

相続税の申告と納付までの流れとは?必要な書類は?

相続した財産に対して相続税がかかる場合もあるでしょう。相続税の申告と納付は10か月以内という期限がありますので、つい焦ってしまいがちです。 しかし慌てて準備して...

非嫡出子がいる場合には法定相続人に含まれる?

婚姻関係にない男女の間に生まれた子のことを非嫡出子といいます。 母親が出生届を出すことで、生まれた子は母親の戸籍に入りますが、子の「父」の欄は空欄となります。 ...

相続税の計算で財産から控除できる連帯債務とは?

相続税を計算する時には、いくつか注意しておきたい部分があります。財産が多くなればその分相続税も高くなりますが、相続税から差し引くことができる「債務控除」について理解...

相続が発生した時に注意したい減価償却費の計算方法とは?

相続で事業や不動産を引継ぐと、それと同時に減価償却資産も引継ぐことになります。 ただし減価償却において、相続によって引継ぐ項目とそうでない項目がありますので、何...