葛飾区内での軟式野球をするために必要な用品を手に入れるには?

シェアする

SNSフォローボタン

野球と言えば硬式野球と軟式野球の2種類に分類され、高校野球やプロ野球、社会人や大学野球は一般的に前者へと分類されます。しかし軟式も野球の一つでありトーナメントも設定されれば、部活動も当然ながら存在しています。今回は葛飾区内の軟式野球とそのために欠かせない、野球用品店について紹介します。

連盟がある

葛飾区には軟式野球連盟と少年軟式野球連盟の2つの組織に分類され、前者は主に社会人を中心としたチームで、後者は小学生や中学生など若い世代で構成されています。

連盟は葛飾区内で2つに分かれていますが、少年野球で軟式野球を経験しながら成長し、成人を迎えたら野球連盟に加入しているチームに入りながら続けている方もいるほどで、野球に対する情熱を燃やしています。

球場については荒川河川敷野球場(木根川橋と四つ木橋、荒川小菅に堀切橋の4か所)と説明しなくてもいい某国民的映画の舞台である柴又第一・第二野球場に奥戸の各球場にて試合が行われます。

少年軟式の場合大会によっては都内各地で開催され、世田谷や駒沢、東京ドームなどといった都内広域で開催されます。このように葛飾区内では2つの連名によって軟式野球を支え続けています。

軟式野球を始めるなら Part1~ヒマラヤスポーツ&ゴルフ葛飾奥戸店~

軟式野球に限らず、どのスポーツにおいても用具がないと基本的には成立しません。せっかく始めるのであれば、最低限の道具をそろえておかないと意味はありませんし、チームに入会するとしても手続きをしておかない限り話は一切進めなくなります。

ここでは用具を取り扱うお店を紹介しましょう。最初に紹介するのは、ヒマラヤスポーツ&ゴルフ葛飾奥戸店で、スーパーマーケットの2階に入居しています。

軟式野球に必要なグローブやバット、ボールのほかユニフォームやスパイクなどといった一式をそろえており、シューズに関してはスタッフに足のサイズを測定してもらいながらそれに適した商品を提案してくれますので、自分にマッチした靴を確保できるのが特徴です。

それ以外にもネームの刺繍や軟式野球チームのユニフォームオーダーも応じてくれますので、新たにチーム入りしたら訪れたいお店の一つです。

・住所:〒124-00022 東京都葛飾区奥戸3丁目23番地19号 ライフ奥戸店2階
・お問い合わせ先:03-5672-1740(FAX:03-3697-6222)
・営業時間:9:30~21:00
・交通アクセス:JR総武本線新小岩から徒歩21分
・備考:駐車場有、奥戸球場から南

軟式野球を始めるなら Part2~野球工房9~

新小岩駅南口へと場所を移し、小松南小学校の近くにあるお店が、野球工房9です。オーナーが無類の野球好きで、軟式と硬式問わずグローブやバットなど各種用品を取り揃えています。

初心者に商品の使い方などについても的確かつ親切にアドバイスしてくれる、オーナー含め野球好きのスタッフの方がたくさんいらっしゃいます。

一般的なスポーツ用品店で取り扱わない一部の野球用品を取り扱っているのが特徴で、葛飾区やその周辺だけでなく遠くは福岡から問い合わせの電話が寄せられるほど人気を博しています。

プロが使う用品をメインに扱っているお店ゆえ、野球好きの方にとってまさによりどころです。グラブやスパイクの修理も行っており、キャリア40年の熟練職人が修理を担当してくれますので、高度な技術をもって修復できるのはうれしいものです。

・住所:〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2丁目14番地6号 芹川ビル1階
・お問い合わせ先:03-5879-4078
・営業時間:平日→13:00~21:00、土曜日・日曜日・祝祭日→10:00~21:00
・交通アクセス:JR総武本線新小岩から徒歩5分
・備考:近辺にコインパーキング有

軟式野球を始めるなら Part3~オリンピアスポーツ~

葛飾区北部の野球用品店といえば、亀有駅前のオリンピアスポーツも軟式野球の道具一式を取り扱っています。

このお店も軟式や硬式など野球全般のグローブやスパイクなどを取り扱っています。お店の規模の関係で一部商品は取り寄せで対応していますが、ビギナーの方が困ったことなどがあればそれに答えてくれますので、野球を理解している方がオーナーならではの特徴です。

このお店もグローブが壊れた場合の修理も承っており、低価格で対応してくれますので熟練の職人と、お小遣い程度の価格で修繕できるのはうれしいですし、子供たちも野球に集中できる環境づくりを提供してくれると信頼が高いお店です。

・住所:〒125-0061 東京都葛飾区亀有3丁目15番地10号
・お問い合わせ先:03-3602-6880(FAX:03-3602-9917)
・営業時間:10:00~20:00
・交通アクセス:JR常磐線亀有から徒歩5分
・備考:駐車場無

まとめ

葛飾区内で軟式野球用品を取り扱う店を紹介しましたが、野球が盛んな墨東地区の一つであり、野球場やショップもそろっているのはかつて東京スタジアムを抱えていた足立区の千住地区の隣の自治体ならではの縁故に野球の葛飾を象徴しています。

シェアする