住宅ローンが思った以上に大変な件について

シェアする

SNSフォローボタン

お給料も上がったし!行けるだろう!と考えて夢のマイホームを買ったものの、なんか雲行きが怪しくなってきた今日この頃です。
今後どのように行動をしていくべきか考えよう。

◆年収600万円あったのに…

年収600万円あって3000万円のローンを組みました。
返済比率的には3割と言われているご時世で2.5割ほど。
数字的には全く悪くないんですよね。
それでも上手くいかなかった理由は1つです。
子供が生まれてくる事、今後の教育費、自分たちの身の回りにある家電や車が壊れた時の事、その他細かな事を一切排除してしまっていたからです。
何も買い足すものがないのなら2.5割という返済率で十分でした。
マイホームを買うという事はこういう事なのです。
未来まで見据えて計算しないとあとあととんでもない事態に陥ってしまいます。

◆あと数年で貯金が尽きる

本来であれば、貯金をしながら、住宅ローンを返済していくのが理想でした。
現代社会は定年後に厚生年金だけでは食べていけない世の中ですよ?
子供に食べさせてもらう気ですか?そういうわけにもいかないでしょう?
であれば自分たちの老後を考えても貯金は必須なはずだったわけですが、現状は何もできない状態なっています。もうお手上げです。
これ以上貯金が減ってしまえばいよいよ立ち回らなくなってしまいます。
住宅ローンを払うためにカードローンを借りるなんてそれこそ本末転倒と言うやつですね。
これ以上悪化させないためには一つだけ方法があります。
それは家を売るという選択です。

◆マイホームを売るという選択

マイホームを売る、厳しい事を言いましたがこれが現実です。
現段階で貯金を食いつぶしている時点で生活できていないのと同じです。
それなら一層の事、生活できない現況を売ってしまった方が得策ではないでしょうか。
幸い今の状況なら築年数も新しいですし、ローンを完済できる可能性も十分に含まれています。
せっかく買ったマイホームを手放してしまうのかと悲観するかもしれませんが、借金が増え家族が路頭に迷う方が何倍も嫌でしょう?
それでしたら賃貸に住んでも和気あいあいと仲よく楽しくお金の事を気にせず暮らした方が幸せでしょう!
もし売るのであれば早い段階で一度不動産屋さんに相談してみましょう。
不動産とは年々不動産の価値が下がっていくものです。
1年~2年~と思い悩んでいる間に物件の価値は下がる一方なのです。
売ると決めなくてもいいです。
まずはいくらくらいで売れるのかを相談するだけでも大きな一歩ではないでしょうか。
住宅ローンの返済が大変で困っている人は一度不動産屋さんに相談してみましょう。
良い情報が手に入るかもしれませんよ!