葛飾区の住みやすさ~自然・買い物・人情

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区といえば、「こち亀」や「男はつらいよ」の人情あふれる下町情緒のイメージがあります。広大な水元公園、大小の川に囲まれた自然豊かな風景が特徴的ですが、亀有・金町周辺は、大型商業施設も多く、東京理科大の進出もあって活気づいています。葛飾区の住みやすさについてお話しましょう。

■家賃・物価が安く住みやすい!

葛飾区は23区中、家賃相場が1、2を争うほど安いです。

他の地区ならワンルームしか探せない家賃でしっかりファミリー物件を見つけられるでしょう。

ライフルホームズの相場表(2017.8調べ)では、2LDK11.03万円。

ちなみに品川の2LDKは26.91万円、自由が丘では20.34万円で、10万円前半で物件を探す場合、単身向けがようやくあるかどうかです。

葛飾区なら、3LDKでも12.5万円。

しかも、亀有駅から徒歩10分の位置に大きなイトーヨーカドー『アリオ』があります。

金町にもイトーヨーカドー金町店、24時間営業スーパーの『マルエツ』などの大型店がそろっています。

また、葛飾では、商店街など個性的な個人商店が、価格競争をして頑張っていますから、物価が安く、生活費を抑えて暮らしたい方におすすめです。

(参考)ライフルホームズ 家賃相場-東京

http://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/price/

■川辺の自然が豊かで住みやすい!

23区内一番と言われる広大さを誇る水元公園は、埼玉県との県境にあり敷地面積92ヘクタール、ディズニーランドの1.4倍の広さがあります。

高さ20メートルはあろうかというポプラ並木や、せせらぎのほとりから見る景色は東京とは思えないほどです。

また、東側にある荒川の土手や河川敷は、ドラマのロケ地としてもよく登場しています。

葛飾区では、東に荒川、西に江戸川、中央に中川、水元公園あたりでは大場川が流れ、水辺の多いエリアとなっています。

それだけに、ものづくりも盛んで、江戸切子や絞りなどの伝統技術を生かした工場が今も稼働中です。

■さすが23区♪アクセスがよく住みやすい!

家賃が安い葛飾区ですが、さすが23区内だけあって、JR常磐線を使えば綾瀬から東京メトロに乗り換え無しで西日暮里まで亀有から12分、金町から15分です。

山手線に乗り換え、東京メトロ乗り換えなどの組み合わせ次第で、23区内なら40~50分で行けます。

JR常磐線は直通で千代田線に連絡しているので、東京メトロ千代田線沿線との利便が良いです。

金町から大手町は25分ですし、国会議事堂までも32分です。

東京ディズニーランドへは、亀有からのシャトルバスで1時間程度ですが、自家用車で行くと首都高速中央環状線経由なら31分です。

シェアする