葛飾区にある幼稚園の費用はどのくらい?

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区は数年前からの育児教育に力を注いでおり、待機児童の減少にも尽力しています。

その中で、葛飾区では補助金制度があります。今回は幼稚園の費用について考えていきましょう。

葛飾区内は私立幼稚園が25園もあり非常に多い為、今回は私立の幼稚園のお話をしていきますね。

◆補助金は誰でも受けられる?

葛飾区内に住所がある園児をその住所から私立幼稚園に通園させていてその保育料を納入している保護者の方が対象となっています。

対象となるには3つの要件があり、一つ目は園児と保護者の住所が葛飾区にあること、二つめは対象年齢が5歳児までであること、3つめは住民税をちゃんと申告しており、補助金申請に必要な書類を提出していること、などが上げられます。

また申請はどうすればいいの?という質問もよく出ます。

申請に関しては入園したのちに幼稚園から申請することが出来ます。

申請期間は1年間と決まっており、進学するとまた1年間分を申請するような形となります。

◆補助金はいくらくらい受けられる?

まずこの補助金制度には最低基準額と限度額というものが設けられています。

例えば生活保護&非課税世帯は第1子から第3子まで限度額は28,000円となっており、最低基準額は0円となっています。

となるとこのご家庭は一人につき28,000円までの幼稚園の費用を補助してもらえるのです。

また、世帯の区民税所得割額の合計が77,100円以下の世帯に関しては第1子が24,600円、第2子以降は28,000円が限度額となっており、最低基準額が5800円となっています。

これを計算すると、24600円-5800円=18,800円が補助金という事になります。

上記はあくまで一例であり、この他にも細かな取り決めがいくつかありますので補助金に関してはしっかり確認しておくようにしましょう。

ちなみに補助金は通っている幼稚園の通帳に振り込まれます。

正式な金額等は今通っている幼稚園に問い合わせして確認するようにしましょう。

◆幼稚園の費用は区が決める

私立幼稚園及び認定こども園の保育料は区民税に応じて区が定めるようになっています。

詳しくは「保育料基準額表」を参考に確認してみましょう。

(生活保護の方や非課税所得世帯は保育料無料など)

ちなみにこの「保育料基準額表」に記載されてある金額にはあくまでも保育料しか乗っていません。送迎用のバス代や給食代、制服代などは補助金には一切含まれていません。

また各幼稚園により金額も異なる恐れがありますので、詳しくは各園に問い合わせをして確認しておくことが一番でしょう。

このように葛飾区では幼稚園費用の負担など、子供がいる家庭に優しい充実した制度が多いように見受けられます。

補助金もあるので子供がいる世帯には人気がありますね。

シェアする