葛飾区内での大学を探してみよう!

シェアする

SNSフォローボタン

東京都内の大学は数あれども、東側の葛飾区にも大学は2校が存在します。北部に1校、南部に1校あるのは前者が金町、後者が新小岩と中川沿いと貨物線沿いと両地区の意外な関係を感じ取れます。今回は、葛飾区内の大学についてご紹介します。

葛飾区北部の大学~東京理科大学 葛飾キャンパス~

東京理科大学といえば、新宿区神楽坂が拠点となっていますが、葛飾区の金町にもキャンパスが存在しています。東京や大阪などといった大都市圏はその圏内にメインを置く傍ら、郊外にキャンパスを設置するといった傾向にあるのは、自宅通学をするとしても、学校から遠いと遠距離通学になり、その疲労度を和らげるためなどといった理由が多くなっています。

場所は「しんじゅく」ではありません

地元の方以外は新宿と書いて「しんじゅく」と読みますが、葛飾区にも同じ字の地名があり、こちらは「にいじゅく」と呼びます。金町の南南西にある新宿区と勘違いする方が続出するのではと心配したくなるほどです。字は同じでも読み方が異なる地形は日本各地にも存在し、新宿も例外ではありません。

足立区との境となる中川のほか、キャンパスの隣には葛飾にいじゅくみらい公園が隣接しており、残念ながら遊具こそはありませんがテニスコートやサッカー場もあるため、週末の晴れた日には子供たちがチームで試合などを行っています。それ以外にもキャンパス内には葛飾区科学教育センター未来わくわく館が図書館と同居し、地域の方々に開放されているのも特徴です。

・住所:〒125-8585 東京都葛飾区新宿6丁目3番地1号
・お問い合わせ先:03-5876-1717
・交通アクセス
JR常磐線金町から徒歩9分
京成電鉄金町線京成金町から徒歩10分
・備考:キャンパス見学→当面の受付中止

葛飾区南部の大学~東京聖栄大学~

さて、中川と貨物線を南へと下っていくと新小岩へとたどり着きます。中川は荒川と並ぶ形で流れ、最終的には江戸川区の葛西で合流し東京湾へと流れます。貨物線は総武本線と合流し、千葉や東京へそれぞれ向かっていきます。ジャンクション的要素の強い新小岩にあるのが東京聖栄大学で、葛飾区内の数少ない大学の一つですが江戸川区とは目と鼻の先に位置しています。

学科は健康栄養学部の管理栄養学科と食品学科のみで、付属校となる調理師専門学校が併設され、こちらは調理師科のみとなっています。設立当初は短大のみでしたが現在は学科の増設により大学へと昇格しました。栄養士や管理栄養士を志すために勉強や実習ができるよう環境が整い、国家資格取得からの卒業後は学校給食や大規模な病院で給食を提供するために、栄養バランスがしっかりとれるよう第一線で活躍しています。

超交通至便の場所

この大学最大の特徴は交通の便が良く、新小岩駅の北口から歩いてすぐの場所にあり、朝夕は学生さんで賑わうほか周辺に駐輪場があるため、自転車を使っての通学が便利になるよう配慮されています。また、駅前商店街の中にあるため新小岩北口商店会との連携しており、街頭設置などをはじめ様々な面において協力体制が整っているため、地域の学校を象徴しています。

また、鉄道によるアクセスが便利なため、快速電車の停車駅が幸いしてか千葉や津田沼、それに新宿などといった東京都心や横浜地区から広範囲にわたって通ってくる生徒さんが多くみられます。バスを利用して江戸川区南部のほか、葛飾区内では亀有(鉄道だと大回りになり、所要時間がかかるため)からも通学できるのも、新小岩の地の利を生かしたアクセスが生徒さんにはありがたい存在です。

・住所:〒124-8530 東京都葛飾区西新小岩1丁目4番地6号
・お問い合わせ先:03-3692-0211
・交通アクセス:JR総武本線新小岩から徒歩2分
・備考:付近に駐輪場あり、キャンパス見学→完全予約を条件に可能

まとめ

葛飾区内の大学を紹介しましたが、東京理科大学は金町、東京聖栄大学は新小岩と南北に分かれた場所に位置していますが、それぞれの駅の近くにあるため交通面においては恵まれています。

シェアする