葛飾区で昔生産されていた伝統ある野菜とは?

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区は昔から農業が盛んな地域でしたが、かつて生産されていた伝統野菜を受け継ぐイキイキとした新鮮な葛飾元気野菜の直売なども積極的に行っています。

かつて葛飾区内で生産されていた伝統ある葛飾野菜を知ることで、今手にしている野菜への見方も少し変わるかもしれません。

そこで、葛飾区で生産されていた伝統野菜についてご紹介します。

千住ネギ

金町・水元・新宿など、葛飾区北部は昭和中期までは「千住ネギ」の産地でした。名称に「千住」とついているので、産地を示しているのでは?と思う方もいるようですが、実はネギ市場が千住にあったことでつけられた名称のようです。

軟白部分が多いことが特徴のため、すき焼きや鍋などで多く使われていたようです。

亀戸大根

根っこが30センチ程度で短めであり、先はくさび状のとがった形であることが特徴の「亀戸大根」ですが、明治時代にはその見た目から「おかめ大根」や「お多福大根」と呼ばれていたようです。

根も葉も、浅漬けにしてもおいしいなど江戸時代から多くの方に愛されています。

本田ウリ

本所のウリより大ぶりであることが特徴の「本田ウリ」は、熟すと銀白色になるので「銀マクワ」と呼ばれていたそうです。
大ぶりであることから水菓子として評判だったともいわれています。

中野甘藍

明治中期に細田の篤農家・中野藤助氏が改良したため「中野甘藍」と呼ばれたのが名称の由来で、現在全国に広がるキャベツ栽培の礎となったとされています。

下千葉小カブ

現在の堀切周辺は、小さな面積で収穫を多くあげる収益農法の先駆けとなった下千葉という地でしたが、「下千葉小カブ」の名称の由来となっています。豊かな土地と年権から近いといったメリットが重なって、昭和前半まで特産品として人気があったようです。

金町小カブ

下千葉小カブの収穫を4月に行うことができるようにと改良された「金町小カブ」は、新カブとして都内高級料亭などに高値取引されるようになったようです。

しもや寒さで傷みのない青々とした金町小カブは、当時大変喜ばれたとされています。

現在葛飾で栽培されている野菜が欲しいなら

現在葛飾で栽培されている野菜が欲しいなら、平成20年6月23日にオープンした「葛飾元気野菜直売所」に行ってみましょう。

各野菜の販売コーナーには、生産者のプロフィールが表示されたパネルが掲載されるなど、消費者が安心して野菜を購入しやすい工夫もされています。

夏野菜・冬野菜はもちろんのこと、梅干し・漬物・クッキーといった様々な加工品、米・切花なども販売され多くの方が日々立ち寄り買い物を楽しんでいるようです。

できるかぎり農薬を減らして栽培された、地元葛飾の新鮮で安心・安全な野菜が提供されている直売所といえます。

所在:葛飾区柴又4-28-2
電話番号:03-5612-7326
営業時間:10:00~15:00(売れ切れの場合はその時間で閉店)
アクセス:JR金町駅南口~柴又6丁目下車 JR小岩駅南口~柴又6丁目下車
京成電鉄柴又駅徒歩5分
定休日:毎週木曜・日曜・祝日・年末年始

シェアする