不登校児が通うことのできる私立小学校がついに開校!葛飾区の中学校の系列?

シェアする

SNSフォローボタン

江戸川区に不登校児のための市立小学校を設置することを、葛飾区の学校法人東京シューレ学園が決め、ついに2020年4月に開校となりました。

江戸川区に開設された小学校は「東京シューレ江戸川小学校」で、まずは小学校4年生から6年生までの51名を定員としてスタートし、2024年度には70人の総定員数を目指すとのことです。

もともとは1985年に誕生したフリースクール東京シューレが母体となっているため、学校に通うことができない不登校の子どもの成長を長年に渡り支援・教育してきた実績からも、安心して任せることができるといえるでしょう。

葛飾区の「東京シューレ葛飾中学校」と同じ方針?

葛飾区には同じ法人を母体とする「東京シューレ葛飾中学校」が2007年に開校されています。

フリースクールの良さを生かし設立された中学校ですが、その特色も受け継ぎながら小学校が開校されたといえるでしょう。

それぞれの子どもたちが自分たちのペースで日々を過ごすことができる学校であり、学習や活動などに対する取り組み方なども一人一人違います。

学習や活動に参加できるような配慮が行われており、個人で差が出やすい学習の進度に合わせて別途学習できる時間をとる対応をしているようです。また、授業に参加しにくい時でも、学校内に居場所ができるような工夫をしているとされています。

地元自治体の小学校に在籍している子以外でも通学可能

全国で小学生を対象とした不登校特例校は2校ありますが、どちらも公立の学校です。

公立の場合には、地元自治体の小学校に在籍している子どものみの受け入れとなるのに対し、私立であればそのような縛りはないので近隣の自治体の子どもでも通うことができます。

フリースクールの良さを生かした小学校

登校は午前9時以降で、授業時間も一般の小学校の8~9割程度に抑えるといった方針のようです。主に体験学習などを充実させ、将来自立するために必要な力を養うことができる取り組みが行われます。

何かを作ることや、実際に体験しながら学んでいく時間を設け、テーマを選び取り組んでいく活動などの時間を活用しながら体験と学びに取り組んでいくようです。

子どもたちが安心して通うことができ、毎日を笑顔で過ごすことができる学校生活を送ってもらえたら…という思いから、葛飾区・東京都・国の協力を得ながらフリースクールの良さを生かし誕生したユニークな学校なのです。

東京シューレ葛飾中学校
東京都葛飾区新小岩 3-25-1
TEL 03-5678-8171

東京シューレ江戸川小学校
東京都江戸川区西小岩2-4-1
TEL 03-5879-3157

シェアする