葛飾区は区民が気軽にスポーツに参加できるイベントが盛りだくさん!

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区はスポーツがさかんな区であり、葛飾区総合スポーツセンターなどもあり区民がいつでも気軽にスポーツを楽しむことができる環境が整備されていることが特徴です。

そして毎年スポーツの大会なども開催されており、2020年も開催されることが予想されます。

そこで、2020年の開催が予想される、2019年に行われたスポーツの大会とその内容をご紹介します。

「エンジョイスポーツ2019」

毎年5月に開催されている区民のスポーツ大会で、子どもから高齢者までが楽しくスポーツに参加できることが特徴です。

2019年の大会では、元読売ジャイアンツ・井端弘和さんが少年少女野球教室を開催したり、元日本代表・北澤豪さんの少年少女サッカー教室や、一流アスリートのジュニア向けスポーツ教室、さらにシニア向けソフトテニス大会など各種スポーツ体験教室などが行われました。

大盛り上がりだった野球教室

その中でも奥戸総合スポーツセンター陸上競技場で行われた「葛飾区 エンジョイスポーツ2019野球教室」では、元読売ジャイアンツの井端弘和さんと林昌範さん、元ヤクルトスワローズの今浪隆博さんが講師として参加し、守備や打撃の指導、ピッチング指導などが行われ多くの子どもたちが真剣に取り組んでいたようです。

間近でみる元プロ野球選手とそのプレーに、興奮した子どもたちから発せられる歓声がすごかったと好評でした。

そして野球教室が終了した後、その日誕生日だった井端さんを参加者でお祝いするといったサプライズも行われ、とても思い出に残る楽しい野球教室になったようです。

「かつしかスポーツフェスティバル2019」

同じく葛飾区の奥戸総合スポーツセンター陸上競技場がメイン会場となっているのが「かつしかスポーツフェスティバル」で、区内スポーツ施設で盛大に開催されます。

スポーツの秋といえる10月に毎年開催されており、区民のスポーツイベントの1つとして多くの方が参加しています。

メイン会場となった奥戸総合スポーツセンター陸上競技場では、親子参加のリレーや綱引きなどの競技が行われ、メイン会場以外のスポーツ施設では射撃やヨガ、その他体験イベントなど様々なスポーツに触れることができるイベントが開催されていたようです。

フードコートなども設置され、運動とグルメを楽しむことができるのも魅力といえます。

葛飾区は区民が気軽に参加しやすいスポーツイベントが多い

葛飾区は区民がスポーツを楽しみやすい環境が整備されており、イベントや大会なども誰でも気軽に参加できることが特徴です。今年も開催されることが予想される大会をご紹介しましたが、他にも各スポーツ施設で体験教室などが開催されているようなので、チェックしてみてはいかがでしょう。

シェアする