葛飾区が誇る伝統野菜と葛飾元気野菜の直売所をご紹介!

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区は古くから農業が盛んなエリアとして知られていますが、もしかしたらあの有名な野菜も葛飾区内で産まれたものかも?と考えることもできるのは、かつて生産されていた伝統野菜の存在が大きいといえます。

そこで、深い歴史で人々の食卓に花を添え、昔生産されていたり今も生産され続けている伝統野菜の種類と、その伝統野菜を受け継ぐ葛飾区の葛飾元気野菜の直売所をご紹介します。

葛飾区が誇る伝統野菜の種類

葛飾区内で生産されていた、そして今も生産され続けている伝統野菜はいろいろありますのでご紹介します。

千住ねぎ

金町、水元、新宿など葛飾区北部一帯は、昭和中期まで「千住ねぎ」の産地として知られていました。このねぎの名称は、ネギ市場が千住にあったことから由来しているようです。また、千住ねぎ発祥の石碑が東金町の葛西神社にあります。

亀戸大根

亀戸地域で作られた大根が「亀戸大根」で、その根は30センチ近くと短めであり、先はくさび状に尖っていることが特徴です。

本田ウリ

江戸時代に人口が増え、葛飾周辺で農業を営む方が増えたようですが、その時に名産となったのが「本田ウリ」です。熟すと銀白色になることから、「銀マクワ」と呼ばれていました。

中野甘藍

キャベツが野菜とされたのは明治初期ですが、明治中期に細田の篤農家の中野藤助氏が改良したため「中野甘藍」と呼ばれています

下千葉小カブ

現在の堀切周辺は昔、下千葉というエリアでしたが、小さな面積で多くの収穫を上げる収益農法の先駆けの地であり、そこから「下千葉小カブ」という名称がつけられています。江戸中期から始まり明治末期から本格的な栽培が行われていきました。

金町小カブ

下千葉小カブを4月に収穫できるように改良したのが「金町小カブ」です。千住市場に出荷され、当時は新カブとして都内高級料亭などと取り引きされるようになりました。

葛飾元気野菜の直売所はどこ?

JA東京スマイルの共同直売所が「葛飾元気野菜直売所」で、平成20年6月23日に葛飾区の方に地元のおいしい野菜を食べてもらおうとオープンしました。

底から現在は、当初の約1.7倍の売場面積を誇る新店舗に変わっています。

店内には生産者のプロフィールが表示されたパネルがあるので、誰が生産者かわかるので安心して購入できます。

顔が見える安全・安心な野菜ばかりが並んでおり、夏野菜や冬野菜、梅干し、漬物、クッキーなどの加工品、米、切花なども販売されていますので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

葛飾元気野菜直売所
所在:葛飾区柴又4-28-2
電話番号:03-5612-7326
営業時間:10:30~16:00(売り切れた場合は閉店)
アクセス:JR金町駅南口~柴又6丁目下車 JR小岩駅南口~柴又6丁目下車
京成電鉄柴又駅徒歩5分
定休日:毎週木・日祝日・年末年始

シェアする