葛飾区で多くの方が利用する「テクノ プラザかつしか」とはどんな施設?

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区には産業情報を発信し、活性化と振興事業を支援する期間である「テクノプラザかつしか」という設備があります。

産業関係者が交流をしたり、自主的に活動する場として利用されるだけでなく、おもちゃの歴史を知ることができるトイランドや、船舶免許更新センターなどもこの施設の中にあるため、様々な方たちが足を運ぶ施設であることが特徴です。

そこで、葛飾区の方たちが「テクノプラザかつしか」を有効に活用できるように、どのような部屋や設備の利用が可能なのかご紹介します。

広い施設内にはいろいろな部屋がある!

「テクノプラザかつしか」は、3階建ての建物内に大小さまざまな会議室、大ホール、展示ホール、視聴覚室などがあり、研修や会議、講演会、サークル活動、展示会など色々な用途に使うことができます。

また、「テクノプラザかつしかパソコンステーション」では、葛飾区内の事業所をIT化することを推進しているようです。

壊れたおもちゃがあるなら「おもちゃの病院」に持参してみては?

テクノプラザかつしかには、葛飾区ゆかりのおもちゃや伝統工芸品などが展示されていますが、月1回「おもちゃの病院」が開催されています。

配線が切れて動かなくなってしまったり、押せば音が出るはずのボタンを押しても反応がなかったりと、壊れたり不具合のあるおもちゃを持ち込むと、ボランティアのトイドクターが修理してくれるので持ち込んでみるとよいでしょう。

いつ開催されている?

令和元年10月18日から20日までは特設ブースで「産業フェア」が開催されるため、そちらで受付を行っているようです。

現在発表されている今後の開催日時は、8月25日(日)9月15日(日)10月18日(金)10月19日(土)10月20日(日)11月24日(日)12月15日(日) 令和2年1月12日(日)、2月16日(日)、3月29日(日)となっています。

利用できる時間は?

午前10時30分から午前11時30分と、午後1時から午後2時までの間で対応してもらえ、料金も無料です。ただ、部品など交換が必要な場合には有料になることもあるようですが、事前に有料でも修理するかたずねてもらえるので安心です。

修理してもらえないおもちゃに注意!

ぬいぐるみや電子玩具、ビニール製の玩具、電子基盤そのものの故障などは対象外となっており、モデルガンなど改造が禁止されている玩具も修理できません。

所在:東京都葛飾区青戸7-2-1
電話番号:03-3838-5555
営業時間:8:30~21:30
料金:無料
休館日:年末年始(12/28~1/4)、メンテナンス休館日(年4日間)

シェアする