葛飾区にあるおいしい和菓子を提供し続けるお店をご紹介!

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区には、昔から長きに渡り和菓子店を営んでいるお店がいくつかあり、地元の方だけでなく多くの方においしいお菓子を提供しています。

カフェに並ぶ洋菓子も好きだけれど、たまには和菓子を食べたいという方のために、おいしいお菓子を販売している和菓子店をご紹介します。

四季を感じるお菓子を提供し続ける「くまがい」

葛飾区で和菓子を作り続けて30年という歴史のある和菓子屋さんで、季節を感じることができる昔からあるお菓子を丁寧に作っています。

特に人気なのは「水元 さくら最中」で、厳選した北海道小豆をしっかりと練り上げ、風味が生きた餡に、特製加賀種の皮が味わい深い一品です。

餡の種類は小倉餡と白こし餡の2種類で、贈り物にも最適です。

また、餡の練り方にこだわっており、栗がまるごとはいった「栗入どら焼」は、しっとりふっくら焼き上がった皮と栗と餡の甘さがマッチした懐かしいお菓子となっています。

所在:東京都葛飾区東金町4-31-5
電話番号:03-3609-9692
アクセス:金町駅北口から徒歩13分

創業して65年地域に密着した和菓子屋さん「富士家」

創業して65年という歴史ある和菓子屋さんで、北海道小豆の風味が生かされた餡のほどよい甘さが魅力のお菓子を多くつくり販売しています。

焼き菓子やようかん、朝生菓子、最中など、質の高いお菓子を作り地元の方に提供しています。

おすすめは、桃山種で栗を一粒包み焼きあげた「わらべ栗」や、青梅の蜜漬を白餡で包み、バターの風味の種でさらに包んで焼き上げた「梅わらべ」などです。

さらに小豆のこし餡できんかんの蜜漬を包み、こちらもバター風味の種で包んで焼いた「こがねの実」も贈り物に人気があります。

所在:東京都葛飾区金町6-1-1
電話番号:03(3607)3287
アクセス:金町駅南口より徒歩3分

栗を使ったお菓子が人気の「萬寿堂」

生菓子や贈り物に人気の最中などを取り扱っている和菓子屋さんなので、人気は北海道小豆をつかったつぶし餡とこし白餡の2種類で作られた「栗最中」です。

どちらの餡の最中でも栗がまるごと一粒入っているので、おいしくいただけます。

また、同じく栗を使ったお菓子で人気なのは「栗蒸ようかん」です。こちらも北海道産小豆を使った自家製こし餡とたっぷり入った栗が魅力の一品です。

所在:東京都葛飾区柴又1-43-15
電話番号:03-3600-8021
京成線:柴又駅臨時改札口前すぐ

葛飾区にはおいしい和菓子屋さんがいっぱい

このように葛飾区にはいくつかおいしい和菓子を提供してくれる和菓子屋さんがあります。他にも色々な和菓子屋さんがあるので、探してみるのもおもしろいかもしれません。

シェアする