葛飾区で救急に特化している地域の頼りになっている病院とは?

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区に住みはじめたばかり方が、夜間などに病院に行きたいという事態に遭遇した時、どの病院に行けばよいのか迷ってしまうかもしれません。

でもご安心ください。葛飾区にも、救急に特化した頼りになる病院があります。

そこで、葛飾区の救急に特化した病院である「平成立石病院」についてご紹介します。

平成立石病院の特徴

平成立石病院は、創設してからずっと地域に密着した救急医療を行ってきた病院です。

平成28年7月に救急科が開設され、平日日中にも救急科専門医1名がERに常駐していますので、救急車の受け入れ体制も強化されていることが特徴といえます。

平日の日中には各科の専門医が担当し、休日や夜間は、外科系診療と内科系診療を担当する医師がそれぞれ1名ずつ救急医療に対応しています。

平成立石病院の診療科

平成立石病院の診療科は、

・内科
・外科
・整形外科
・脳神経外科
・泌尿器科
・麻酔科
・形成外科
・皮膚科
・耳鼻咽喉科
・救急科
・医療センター

など多岐に渡ります。

平成28年9月からは、耳鼻咽喉科専門外来以外の一般外来診療は「ペンギンクリニック」に引き継ぎを行い、日中は救急車の受け入れに特化した救急医療対応の病院として地域の頼りになる存在となっているといえるでしょう。

ERでは24時間体制で救急隊からのホットライン、さらに医師や看護師との連携による診療補助業務を行っています。

在宅医療にも力を入れている病院

日本は超高齢化社会に突入し、ますます在宅医療へのニーズも高まっている状況です。

そこで、平成26年6月から、地域包括ケア「かつしか在宅医療サポート搬送入院システム」の一翼を担い、本格的な運用が開始されています。

医療が必要だけれど、中には通院が難しいという方もいるでしょうし、自宅療養を希望する方もいることでしょう。そのような方を対象として、定期的に自宅を訪問し、診察や投薬、検査、処置などを行っています。

連携医療機関でデータを共有しスムーズな病院間移動も可能に

また、SaaS型の地域医療ネットワーク「ヒューマンブリッジ」が導入されている病院でもあります。地域に存在する複数の連携医療機関が、診療情報や検査結果、医用画像などの情報をネットワーク経由で確認できるようにすることで、病院間での移動などもスムーズに行うことができる仕組みを構築しています。

地域のどの連携医療機関で診察を受けたとしても、診療情報は安全に共有されるので、質の高い医療サービスを安心して受けることに繋がるでしょう。

所在:東京都葛飾区立石5-1-9
電話番号:03-3692-2121
アクセス:京成本線お花茶屋駅下車徒歩8分
京成押上線京成立石駅下車徒歩10分

シェアする