新築一戸建てを購入する時の注意!キッチンはどのような形にする?

シェアする

SNSフォローボタン

今、葛飾区で新築一戸建てを購入することを検討している人は、まずキッチンをどうするかよく考えておく必要があります。実際に日常的にキッチンを使う人でなければ、あまり費用をかけたくないという人もいるでしょうし、普段キッチンを頻繁に利用する主婦なら、できるだけ利便性の高さなど重視したいはずです。

しかしせっかく快適な暮らしを葛飾区で送りたいなら、キッチンの形で後悔する事の無い様にするべきと言えるでしょう。

キッチンを決める時に注意したいこと

新築一戸建てのキッチンの場合、収納とシステムキッチンの高さ、キッチンスペースの広さによって後で後悔してしまうかが決まると言えるでしょう。収納は設置するスペースが少ない場合、取り出しにくさなどスムーズに使えない事もあるようです。

また、床下収納を設けたのに扉の上に冷蔵庫や食器棚を置かなければいけなくなってしまうと意味がありません。

システムキッチンも作業台の高さが合わないという場合や、リビングを広く取り過ぎて作業スペースが不十分で不便という場合など、色々な失敗例はあるようです。

見た目を重視し過ぎたら収納スペースがなくなった?

金町にも色々な一戸建て住宅があり、キッチンの形や広さも色々です。仮に同じ面積のキッチンがあったとしても、物の配置次第で動線に変化が出てきます。

システムキッチン1つを取っても、L型であればその場から動くことなく作業を行う事ができますが、I型を選ぶと横に移動する距離が多少なりとも長くなります。

また、対面キッチンならキッチンの前にどの程度壁があるかによって、収納スペースの確保できる広さが変わると言えるでしょう。シンク前は対面スペース、レンジ前に壁があれば使いやすいですし、キッチンとリビングをきっちり分ける事ができます。

しかしアイランドキッチンの場合、どこからどこまでがリビングなのか境界線がなく、作業スペースばかりで収納も少ない形状になっています。物をしまっておくスペースがないため、反対に使いにくいというケースもあるようです。

キッチンは利便性を重視したほうが後悔しない?

使いやすいキッチンにする事を考えるなら、限られたスペースに合う形のシステムキッチンを採用できているか、さらに採用したシステムキッチンに合う冷蔵庫や食器棚などを置く場所はあるのかを事前に確認しておく事が必要です。それによって、利便性の高い家事動線が確保できる様になるでしょう。

キッチンで毎日調理を行う人は、家族の中でも一部かもしれませんが、長くいる場所でもあるため利便性など重視した形のものでなければ後悔することになります。

キッチンの雰囲気は調理のモチベーションを左右するかもしれませんが、雰囲気だけを重視し過ぎて使い勝手の悪いキッチンになってしまわないように注意しましょう。

シェアする