葛飾区でマンションを購入する時に内覧会で注意するポイントは?

シェアする

SNSフォローボタン

葛飾区で新築マンションの購入を検討していて、内覧会に行く予定のある場合、どのようなことをするのか、何を持参すれば良いかなど色々な不安や疑問があることでしょう。そこで、内覧会の時にどこをポイントに確認していけば良いかなどをご紹介します。

内覧会は自分だけで部屋を確認する?

新築マンションの内覧会にも種類があり、まず売主や施工会社が立ち会いのもとで行う場合、そして誰も立ち会いをせずに行う場合があります。

立ち会いのもとで開催される場合には、設置されている設備機器などについて説明されるため、疑問点は質問すれば対応してもらえるでしょう。

一方で立ち会いなく行われる場合には、当日チェックシートを手渡されることになり、自分でチェックしておくことが必要になります。

内覧会で確認したいポイントは?

いずれにしても確認しておきたいポイントは同じなので、どの部分を重点的に確認すれば次の項目を押さえておきましょう。

・間取り図と相違はないか
・床や壁の水平垂直の精度
・水栓や建具などの動作は正常か
・取り付けされている物はしっかり固定されているか
・給排水設備などから水漏れは起きていないか
・換気扇など機能は正常か

チェック項目の確認方法は?

目視でどこか違和感があるという部分はチェックしておくようにしましょう。隙間などもくまなくチェックして、ひび割れなどが発生していないか確認します。さらに部屋を歩いてみて床鳴りや水平感覚も確認してみます。少し踏み込んでみて、きしみ等が無いかという部分まで確認するようにしてください。

図面と実際の部屋の状況を比べる時には、ドアの開閉方向、コンセントの数や位置などを確認します。また、ドアだけでなく、窓や棚、換気扇、給水給湯など動くものは全て実際に動かしてみて確認します。

開ける時に異音がしたり思いと感じたりすることはないかなど、何か感覚的に違和感があるなら指摘できるようにしておきましょう。

内覧会当日に注意したいこと

葛飾区でマンションを探しているなら、金町周辺でもお目当ての物件があるかもしれませんので一度確認してみましょう。

なお、内覧会当日は、内覧する以外にも採寸や手続などにも時間が掛かるため、ある程度時間をかけることができるように余裕を持って参加することが望ましいでしょう。また、夕方になると日当たりなどの確認がしづらくなるので、できれば15時よりも前に時間を設定したほうが良いです。

また、季節によっては部屋が冷え込むことがありますので、厚みのある靴下やスリッパを持参すると足元が冷えなくて良いですし、足の裏が汚れてしまうという心配もありません。

シェアする