葛飾区でマンションを購入する時に利用できる補助金についてご紹介!

シェアする

SNSフォローボタン

マンションを購入する時には様々な費用が発生しますので、利用できる国の施策や補助金があれば・・・と思うものです。

このような場合、活用できるかもしれない「すまい給付金」について知っておくと良いでしょう。すまい給付金とは、消費税率引上げにより住宅取得者の負担が増えることを緩和させるために創設されました。

すまい給付金は何を目的としている制度?

葛飾区でマンションなど住宅を購入した時に利用できる制度として「住宅ローン減税」などがありますが、支払っている所得税が少ないと恩恵を受けにくい制度であると言えます。

しかしすまい給付金は、住宅ローン減税のデメリットを補える様に、引上げされる消費増税の影響を受けやすい所得の人ほど給付される額が大きくなる制度なので、ぜひ活用しましょう。

消費税率引上げとなった平成26年4月以降に引渡された住宅から、税制面の特例措置期間である平成33年12月までに引渡しとなった住宅に入居完了した場合を対象に実施されています。

すまい給付金を受けるための要件とは?

すまい給付金を受けるためには、住宅の質に関して一定要件を満たすことが必要です。

中古住宅の場合は、宅地建物取引業者による買取再販など、消費税が課税される住宅取得の場合が対象となります。消費税がかからない個人間売買での中古住宅は対象に含まれませんので注意しましょう。

また、対象者にも要件が設けられており、住宅を取得し自分で住むこと、収入が一定額以下であること(消費税8%なら510万円以下、10%なら775万円以下を目安とする)、また、住宅ローンを利用しないなら年齢が50歳以上であることが必要です。

・家の広さなどにも要件がある

さらに住宅の床面積は50㎡以上であり、施工中等に第三者の現場検査を受け、住宅瑕疵担保保険に加入しているか、または建設住宅性能表示を利用するか、住宅瑕疵担保保険法人で保険と同等の検査を実施されているかなどに該当することが必要となります。

また、800万円程度以上の収入がある場合には利用できませんし、対象となる範囲の収入だとしても収入が上がっていけば給付額は下がっていきます。

マンションの場合に注意しておきたいこと

なお、マンションの場合、床面積の記載が広告などでは壁芯による面積である場合、要件を満たさない可能性があります。壁芯とは壁の中心部分からの専有面積なので、壁の内側からの面積である内法とは記載されている面積は同じでも実際の広さは異なります。

壁芯の専有面積の場合、壁の厚みが考慮されておらず、50㎡ぎりぎりの物件では適用されない可能性があると理解しておくようにしましょう。

金町周辺にもすまい給付金の対象となるマンションは色々ありますので、もし購入を検討されているなら一度ご相談ください!

シェアする