新築一戸建てで悩みがちなリビングの窓の大きさと位置について

シェアする

SNSフォローボタン

新築一戸建てを建てたいと希望している葛飾区にお住まいの方、これから葛飾区や金町周辺で物件を探そうとしている方は、どのようなマイホームにするのかすでにイメージはできているでしょうか。

特に窓はどこにするのか、数や大きさなどによって、日の差し込み具合や家の温度、換気などが変化します。リビングなど家族が集まる場所は特に窓の配置や大きさなどに注意しておきたいところです。

そこで、新築一戸建てを建てるとき、リビングの窓の設定における注意点を確認しておきましょう。

過ごしやすいリビングを目指すあまり・・・

高さ1800mm、幅2000mmくらいの大きさで人が出入りできる窓を掃き出し窓といいます。掃き出し窓をどこに配置するのか、大きさはどのくらいかによって、リビングの風通しや明るさ、セキュリティ面など居心地のよさは変わってしまいます。

家族が集まるリビングだから、なるべく風通しがよくて明るい場所にしたいなら、大きな窓をたくさん設置することを考えてしまうでしょう。

しかし、大きな窓が多いと家具や電化製品の配置が難しくなったり、隣家の窓と対面になって家の中が丸見えになってしまったりという不都合もでてきます。

先に配置する家具や電化製品を洗い出す

そこで、まずはリビングに置く家具や電化製品は何かがあるかを確認し、置くものに合わせて窓の数や大きさを考えてみてはいかがでしょう。隣家や道路から家の中が見えることが気になるなら、高い位置に窓を設置するのもよいかもしれません。

見た目にこだわり過ぎると実用性を失う

リラックスして過ごす場所であるリビング。そこで吹き抜けなどで窓を設置すると、部屋全体が明るくなります。

デザイン性を重視するなら、狭い壁面や細長いスペースにはめ込んで設けるスリット窓もおすすめですが、吹き抜けは高い位置に窓を設けるので掃除が大変ですし、スリット窓は部屋全体を照らすことはできませんので採光面では優れるとはいえないでしょう。

見た目にこだわりすぎると、後で想像と違っていたという事にもなり兼ねませんので、実用性も考えた上で窓の位置や大きさを検討する様にしてください。

新築一戸建てのリビングの窓で迷いがあるなら

また、窓を多く設置しすぎてしまうと壁の面積が減ります。そうなると、家具や電化製品をどこに配置すれば良いか分からなくなってしまいますし、セキュリティ部分も不安が残ってしまうので要注意です。

このように、新築一戸建てのリビングの窓を決めるときには、いろいろな部分から総合的にどの大きさや場所が適切かを考えていかなければなりません。独自で判断せず、専門家に相談しながら決めたほうが失敗はないといえるでしょう。

シェアする